為替レートの円安と円高

ニュースを見ていると、為替レートの情報と共に円安、円高という言いまわしがあります。円高、円安とはどのような事象のことなのでしょう。円安は、他国の通貨と比較して円の価値が落ちていることをいいます。これまで80円でアメリカのキャンディが買えたのに、今は90円なければキャンディが買えなければ、円の価値が下がっていることになります。このような形で為替が変わった時は、円安になったといいます。為替レートが円安になると、日本からの輸出が増加します。アメリカでは日本の製品が安く購入できるためです。一方、日本ではアメリカから輸入した商品の価格が上がります。結果的にアメリカからの輸入品が少なくなります。円高とは、円の価値が他国通貨と比べて高くなる状態です。日本への資金流入が進むことで、円の価値自体が上がります。1ドル100円の円相場が1ドル95円になれば、円高になったといいます。債券や株取引も、国外から国内への流入が活発になっています。もしも、日本の株をアメリカドルで買うとします。円相場が円高になれば、株相場の動きだけでなく、為替レートの動きで利益がふえるのです。日本の株を買う海外の投資家の場合、株そのものの値動きに加えて、日本円のレートがどのように変化するかも大事といえます。円高、円安それぞれの経済的な意味と、円の為替変動について知っておくことは、為替投資をする上では非常に大事なことです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ