為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

円安になると、日本経済にはどんな影響が及ぶのでしょうか。円安になると、海外への輸出産業が有利になるといいます。為替が円安方向に変動すると、輸出関連産業の販売力がアップします。今まで売っていたものを、より安い価格で売ることができるためです。輸出を扱っている会社は、円安の影響を受けて利益が増加し、社員の待遇が改善されます。円安になると、株の相場もアップするようです。自国通貨が高く、日本円が安いうちに日本の株を買うと資金運用益が大きくなるため、投資家は日本の株に集中します。株価上昇の動きに後押しされる形で、企業の活動は活発になっていきます。一方、円安には弱点も存在します。輸入業は、円安でマイナスの影響を受けます。売上げを維持するには価格を上げるしかありません。円安は、電気料金やガス料金を高くします。それは燃料となるガソリンや灯油の価格が上がるためで、さかのぼれば原油の輸入価格が上がるためです。原材料を輸入しているような製造業も、仕入れ価格が上がって売上げが厳しくなります。輸入にお金がかかれば、販売する商品も高くなり、売上げが下がってしまいます。物価が上がれば購買意欲は低下するため、景気が悪くなる要因になります。為替レートが円安になることも、いい面と悪い面があることを知っておくとといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ