為替レートの推移と政治

近年あった衆議院の解散と総選挙など、政治的な動向が引き金となって為替レートが大幅に推移したことがあります。衆議院解散後の総選挙の結果を受け、為替レートの上昇が続いていましたが、一時停滞後に円安にふれています。為替レートが上昇を続けてから止まったと聞くと、次は下がるかと思うものですが、そうでもありません。政治が為替レートにどう作用するかは、一筋縄ではいきません。選挙を経て政治の担い手が変わると、国の経済政策や法案づくりなどで、国家の方針が変わることも珍しくありません。国内動向も見通しがつきづらくなるものです。先行き不透明だと、為替レートは保ち合い局面に入ることも少なくありません。わずかな上下推移をしつつ、均衡が取れているように見えます。日本以外の国の動きも、為替レートの推移に関わってきます。アメリカの大統領選や、中国や韓国で起きる事件なども無関係ではありません。どの外国通貨との交換レートを見るかでも情勢は変わります。ドル、ユーロ、ウォンなど通貨は相互に影響し合っています。外国為替との為替レートを知る以上は、相手の国と日本が、政治や輸出入でどんな関係性を持っているかをしることです。外国で起きた出来事が、巡り巡って日本の経済を大きくゆさぶります。最近ではリーマンショックが記憶に新しいところでしょう。金融不安の影響で為替レートが大きく推移することも珍しくありませんので、今後ともきちんと調べていくことが大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ